11月デビー先生ワークショップ
師走に入り残りあと2週間ちょっと。
皆さま、いかがお過ごしですか?



大変遅くなりましたが、
11月に名古屋で行われたデビー先生のワークショップの様子を
紹介させていただきます。



今年のワークショップは、学びあり、笑いあり、感動あり、
嬉しい報告ありと
とても豊かな時間となりました。
先生はじめ、通訳の岡さん、参加者の皆さんと
一緒に共有できたこと嬉しく思っています。



自己紹介の後、
まずは、Tタッチの理念についてお話されました。



DSC_0029.jpg



Tタッチでは理念をとても大切にしています。
理念を理解しているのと、していないのとでは、
犬に同じことをしていても
不思議なんですが、犬たちからの反応が
全くちがってくるからです。




DSC_0037.jpg



私たちも何度も何度も聞いて、その度に
理解を深めていっています。
そしていつも感じることは、Tタッチは
飼い主さん、動物たちにとても優しく、大きな愛のプロジェクトで
行われていくということです。
そこにたずさわれたり、お手伝いできる私は、かなり幸せ者です


DSC_0035.jpg




飼い主さんたちが、集中して先生のお話を聞いている時、
カメラに気づいて視線を送ってくれたラブリーなたち



DSC_0041.jpg



こちらは、デビー先生がお1人、お1人に
タッチをしてくださっている所
思っていた以上に
タッチの優しさに驚きの声を
たくさんいただききました。



DSC_0045.jpg



ずーっとしていただきたいですよね。




はやく私にも!!って声が聞こえてきそう。。
DSC_0054.jpg




皆さん、とってもい~お顔されていました。




DSC_0062.jpg



休憩中、
てんかん発作がはじまると、しっぽを追いまわす
ぴーすけ君に
今のハーネスだと、こちらの意図を
明確に伝えられないということで
ハーネスを変えるお手伝いをしていました。



参加者の皆さんは、あの時いったい何が起こったのか。。。
分からなかったり、みえてなかった方もいらっしゃると
思いますので、ここに記しておきます。



ハーネスを装着してしばらくしたら、発作が。。



しっぽを追いかけはじめました。


私がそのとき、たまたまリードを持っていたので、



軽く、ゆっくりと胸の前についているリードへ合図
(しっぽを追いかけなくても大丈夫だよ!と伝わったらい~なくらいな気持ち)
たぶん、胸前フックへの感触は初めてのことだったと思います。



交互に背中、前と優しく合図を送り、ゆるめる。を
様子をみながら繰り返していました。



この「ゆるめる」がとても大切で
ゆるめた時に変化が起こってきます。



ぴーすけ君は、その感触に戸惑いながらも、
何この感じ?
い~の? 回らなくてもい~の?!と
受け入れていきながら、どんどん本人が楽になっていく様子が、
リードから身体から表情からと全身で伝わってきて
私は感動し涙があふれてきました。



デビー先生がいつの間にか側にいてくださっていて
飼い主さんと話されていました。
犬に集中していたので、何を先生が話されたのかは
聞こえなかったのですが、
先生もたぶんピースケ君をみて
同じことを感じ伝えたことと思います。



飼い主さんとピースケ君の
今迄の大変さに明るいひかりが
灯された安堵感みたいなものがみれた一瞬でした。



初めは、犬なし参加予定だった所、
発作の状態をみて
他の参加者の方たちに
嫌な気分にさせてしまうんじゃないかとか、
いろいろ悩んだことと思います。
そんな中、
勇気を持って犬と共に参加してくださったこと
本当に感謝致します。



DSC_0094.jpg



私自身、よくプライベートセッションやワークショップで
「リードから伝わっていきますよ」とお伝えしているのですが、
今回、犬側からこんなにもはっきりと
伝わってきたのは初めてで、とてもすばらしい体験を
させていただきました。



この場をおかりしまして、
ぴーすけ君&ママさんに感謝いたします。



こちらは
パワフルで動くものに反応しやすい
Little Bach (チビちゃん)



DSC_0080.jpg



飼い主さんとのバランスが上手にとれていたので
小型犬の前を堂々と、歩いて行く姿は
とても気品あふれていて素敵でした。
今までの成果がバッチリみれましたね



このワークショップで、双方の自信につながった事は
間違いないですね



こちらのペア。
DSC_0089.jpg




昨年参加していた方がご覧になったら、
かなり驚くことと思います。
写真から
ほわ~んとした雰囲気伝わるかと思います。



昨年のデビー先生のワークショップでは、
常に吠えていたヒロ君です。
今回は、ヒーローでしたよ。



最初から最後までグループの輪の中で参加
吠えも全くなく
デビー先生、通訳の岡さんも
ヒロ君の変化が想像以上で驚き、とても喜んでくださっていました。



ヒロ君のこの大きな変化が参加犬や参加者の方々にどれだけの
影響力を与えたか。。。



まさしくヒーローですね。
特にぴーすけ君には、未来の姿観れたかもしれません。



ヒロ君の自信たっぷりで、どうどうとしている姿
時には、悟っているようなお顔
他の犬に「大丈夫!僕をみて!!」と語っているようでした。



かっこよすぎです。
今回、細かいステップを踏みながら
ボディラップも巻けて
さらなるステップアップにつながったこと
私も嬉しく思います。



ヒロ君と
他犬と若い男性が苦手なチャコちゃん
(オーナーさんの隣には若い男性が座ってました)


DSC_0106.jpg



仲良く寝ている姿は微笑ましかったです



以上
ほんの1部しか紹介できませんでしたが、
参加者全員のストーリーがそれぞれありました。



興味のある方は、お会いしたときにでも
尋ねてくださればと思います。



今回のワークショップを通して、参加者の皆さん
お1人お1人
自分の犬たちをとっても大切にしている
気持ちがすごく伝わってきました。
なのでデビー先生に1頭1頭みていただけたことは
本当に良かったと思っています。



DSC_0084.jpg



今年もデビー先生のワークショップを開催できたこと嬉しく思い、
また平日にもかかわらず、お忙しい中参加してくださった皆様、
遠方より参加してくださった方々、



本当にありがとうございました。



またご多忙の中、遠方までお越しくださったデビー先生、
通訳の岡さん
ありがとうございました。



今後もデビー先生のワークショップを名古屋で
続けていきたいと思っていますので
よろしくお願い致します。



最後にご案内です。



来年1月に絆を深めるTタッチセミナー3回コース開催いたします。
詳細はこちらご覧ください。




長文最後まで読んでくださりありがとうございました
【2013/12/14 22:11 】 | Tタッチ | page top↑
| ホーム |