帰ってきました
那須へ馬のTタッチの勉強へ行ってきました。
犬と違って大きいし、力もありありで
かってがかなり違いますが
とても良い勉強になりました


CIMG4163.jpg
Tタッチを施す前のヤックル号
(もののけ姫のヤックルです。感じ忘れてしまった。)
大障碍を飛ぶすごい馬です。



頭の位置が高いので、
低くするところからスタートです。
頭の位置を低くすることによって
馬に考える時間ができて
余裕がでてくるそうです


CIMG4185.jpg
こちらは、ジョーカー号。
この馬も頭の位置がとてもたかかったのですが、
ボディラップをしたり、
ラビリンス、サークルタッチをすることによって
どんどん変化が。。。


ボディラップは、お母さんに包まれいるような
安心感
を馬たちに与えていきます。

CIMG4201.jpg
ヤックル号、ボディラップをして、デビー先生から
耳のタッチをしてもらっている所。
だんだん、自分から顔を下げてきました。
ヤックルの目が顔がトローンとなって
とても気持ちよさげ~~~。
初日では、考えられない光景です。




CIMG4227.jpg

最終日に、ヤックル号の違いを那須トレーニングファームの
社長さんにのっていただいて初日と比較していただきました。
はるかに乗りやすくなってるそうです。



激寒の中でしたが、Tタッチは馬が最初なので
深いところに少し触れたような感じで
とてもよい勉強になりました。
犬や猫たちとは、タッチの感じが違うのですが
新たな感覚に触れたし
馬は、筋肉が大きいので
Tタッチをした後の変化がとてもわかりやすかったです。



今回学んだことは、タッチワーク、
グランドワーク、ワンドの使い方、
ボディラップ、鞍のあわせ方です。
いかに馬に負担をかけない鞍選び、
鞍の位置を選ぶか。
興味深いもので
い~勉強になりました。



会場となった那須トレーニングファームの
社長さんはシドニーオリンピック選手で
今でも海外に試合に出かけていかれてますが、
その際、必ずボディラップをしたり、タッチワークをしているそうです。



馬たちが、どんどん良い方向へ変化していくから是非と
ヤックル号はじめ、ラストパートナー号、ゼロ号と
有名な馬たちでセミナーを受けました。



これってすごくないですか??
はじめ私は、
練習馬でTタッチの練習をさせてもらうんだと思ってました。



それが、大会で賞をとる馬たちばかり。
見ず知らずの人たちの体験練習にだすなんて。。。
それだけ、Tタッチに対しての信頼度が
あるのだな~と。。。
乗馬クラブの会員皆さんに普段から
Tタッチを取り入れることを
推奨していました。

社長さんの柔和な考えに
驚き、感動しました。



雑誌の取材もみっちり、2日間はいり、
今後日本の馬の世界にTタッチが広まっていくことを
期待しております。



今回学んだ事、機会があれば
私も馬たちにTタッチしていきたいと思います。




先生はじめ、通訳の方
一緒に学んだ人たちに感謝、感謝です。







ブログランキング参加中です。




【2009/01/20 17:19 】 | Tタッチ | コメント(4) | page top↑
<<寿 | ホーム | きらきら☆>>
コメント
--おかえりなさいませ~♪--
なおみちゃんのTタッチレポートは毎回読み応えがあって、
動物たちへのなおみちゃんの愛と情熱がとても感じられて大好きです。

激寒・・・文字を見ているだけでも寒くなってくるね~!
お体は大丈夫ですか?
by:sachirann | URL | #BPVKXLjE【2009/01/22 20:56】 [ 編集] | page top↑
--sachirannさんへ--
ただいま~☆
ほんと~??
Tタッチレポート読み応えある??
嬉しいですわん。
激寒はね~
スキータイツ2枚はいて
シャカシャカパンツはいて
その上にスキーウエアきて
その上にロングコートでした。

カイロも足、腰とつかって
なんとか乗り越えました♪
今はカゼひけないからね(^_-)-☆
by:Happy Island | URL | #-【2009/01/22 22:16】 [ 編集] | page top↑
--No title--
これからの世の中に必要なものは残るのだ(・_・)
by:おりゃりゃ | URL | #-【2009/01/23 13:19】 [ 編集] | page top↑
--おりゃりゃさんへ--
Tタッチ
いろんな分野で
広がっていくかと
思います。
楽しみです♪
by:Happy Island | URL | #-【2009/01/28 20:56】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |