魔法の手
11月5日
Tタッチデビー先生のプライベートセッションを
公開していただける機会がありまして参加してきました。


デビー先生のセッションをみせていただくのは、初めてで
とっても充実した1日となりました。



プラクティショナー仲間のTamakiさんも参加です
CIMG6603.jpg
こちらは、リーディングの練習を人間でする場合のデモ。
この後。オーナーさんにも体験タイム。。
この人間でのリーディングは、
Tタッチプラクティショナーコースでは、
かなり練習します。すごく重要視されているパートです。
そして、私もプライベートのセッションで、
初めてリーティングをするときには、
必ず体験していただきます。
気づきいっぱいでおすすめなんです



ラビリンスを崩して、ぐちゃぐちゃに。
CIMG6609.jpg
意識散漫しすぎているは、その時考えられない状態なので
目の前のものに集中させていくと。。。
後半
CIMG6610.jpg
デビー先生がタッチすることができました。



このは、レスキュー犬で常に怖がってる状態で
会場へ入ってきた時から、ぴーぴー声を出していました。
セッションが進むにつれ、バランスがとれはじめ
少しづつ声を出さなくなり、少しづつだけど
不安が安心へと変わっていき最後、タッチでとろ~んと。。



デビー先生は、オーナーさんへ
レスキュー犬は、嫌な体験や怖い体験をたくさんしていて
細胞がその嫌な体験を覚えています。
だから、「もう、覚えていなくてもい~んだよ!」って
Tタッチをすることで、細胞から細胞へ伝わっていき
嫌な経験を解放していくんですよ。
そして、さらに飼い主との絆や信頼感を深めていくので
レスキュー犬を迎えた方々には、Tタッチはおすすめなんです!
とも付け加えておっしゃっていました。



うんうん。
そ~だった。そ~だった。
話を聞いてて、我が家にRose、Maryがきた頃を思いだしました。




頸椎ヘルニアでコルセットを1年くらいしている
CIMG6618.jpg
飼い主さんは、コルセットをとりたいのと、
怖がりを気にしていました。
こちらのセッションでは、デビー先生は、飼い主さんへ
タッチの仕方、コンテインの仕方、飼い主さんの呼吸が
すごく大切なことを伝えていました。
飼い主さんがへタッチをし、気持ちよくなってきて
も見学者もとろ~んとなったセッションでした。



次のセッションは、吠えまくって止まらなかった
Mシュナウザー
攻撃的なところもオーナーさんは気にされてました。



デビー先生が、セッションで1度も触らなかった
ケースを初めてみました。
先生は、触ることに焦点をおいてないそうです。
かなり吠えまくっていたのだけれど、
飼い主さんや私たち見学者には、呼吸を意識してもらい
飼い主さんには、Tタッチを犬にしてもらっていました。
デビー先生は、説明しながら
少しづつ椅子を移動して近づいていき、犬の様子を皆がら
次のステップへとすすんでいきます。
CIMG6625.jpg
こちらはに、家以外で自分が行きたいところへ
安心していけるよ!
自分を守ろうとして攻撃にでなくてもよいんだよ!と
自信をつけていくという方法。



セッション終了には、吠えもおさまり
顔の表情も穏やかに~
触れなくても変わっていく方法をみせていただたケースでした。



強制訓練から帰ってきた後から、恐怖から
攻撃する時があるシェパード
デビー先生は、こちらのにも、自分を守るために攻撃しなくてもい~んだよ!
飼い主さんを信じるということ、
安心な場所ということを
リーディングワーク、ラビリンス、タッチを通して
身体、感情、情緒のバランスのとり方を
先生が触らなくてもオーナーさんに分かりやすく
バランスリードのかけ方、リーディングの仕方、
tamakiさんデモで
CIMG6639.jpg



サンダーシャツの着せ方などを説明されました。
CIMG6643.jpg
サンダーシャツがい~感じです。
着ただけで、緊張感がやわらぎ、歩き方、顔つきに変化が。。
犬のエネルギーが全体的に穏やか、優しいエネルギーに
変わっていったことを
参加者全員で確認できたセッションでした。



6頭のセッションを拝見させていただき、
改めてTタッチのすばらしさに触れさせていただいた1日でした。
どんな状態の犬たちも、
先生は、目の前の犬たちをノージャッジでみていく。。



今まで大変な犬とジャッジされていたたちが
セッションの今という時間の中で
部分ではなく全体的に大きく受けとめられていく。



飼い主としては、嬉しい瞬間です。
だから、どのオーナーさんも笑顔になっていくし
ワンたちも変わっていく。
不安や心配顔が笑顔に変わっていく瞬間
すごく好き



デビー先生のセッションは、本当にどれもすばらしく
魔法をかけていくかのようでした。
公開セッションを通して
Tタッチに出会えたこと、すごさ、
デビー先生やローレン先生から、一から学べたこと、
プラクティショナー仲間に恵まれていることに
感謝を感じまくった時間となりました。




今回得たことを、
今後自分のセッションに活かしていきたいと思います。
デビー先生、ありがと~
【2011/11/13 22:02 】 | お知らせ | page top↑
| ホーム |