岐阜での馬Tタッチワークショップ
7月26日、27日とデビー先生の岐阜での馬のワークショップが
猛暑の中、無事に終わりました。



岐阜でのワークショップは、今年で4年目。
毎年馬たちの変化の様子がみれるので、とても楽しみにしています。



デビー先生も私の馬たちは、どんな様子かな。。
とおっしゃっているくらい、毎年楽しみにされています。
そして、さらなる変化へとつなげていきます。



同じ場所、馬ならではですね。



リピーターの人たちは、この変化を目の当たりにみれて
それを皆で共有できるということは
すごくうれしく幸せなことだと感じています。



今年は、参加者さんのお1人の体験談のお話がありました。



exp.jpg



人と馬との絆のお話。。
涙。。
感動でした。



昨年デビー先生が改名したショ・ショウニー



syouni.jpg



い~かんじです。
syouni1.jpg




日本初。
Tタッチのハミをつけました。



thami.jpg



つけた途端、目がとても優しくなり、頭の位置が
すーっと自分で下げてきました。
そして、リーディングワークをしたときの変化は
目をみはるものがありました
よいteacher horseです。



デビー先生のサイズの合わせ方、
新しい道具をつける時の接し方、
馬にとても優しく



どこをとっても
しっかりとTタッチ理念をベースとしています。
理念と実践がマッチしていく瞬間は
ほんと毎回感動ものです



フロスティ



今年初めて、Tタッチのネックリングというものをつけました。
初めは、水勒(すいろく)をつけて、手綱と一緒にもち
徐々にネックリングだけにしていきます。



しまいには、水勒をはずしてしまいました。
もう乗り手は、手綱に頼ることはできません。



neckring1.jpg



人と馬お互いを信じあう



neckring.jpg



常歩(なみあし)で、歩きながら
ラビリンスを通っていきます。




デビー先生が様子をみて、速歩(はやあし)出来そうならしてみてと。。



乗り手も馬も初めは戸惑いが少しありましたが、
慣れてきたら、
フロスティの顔がなんともいきいきとしてきて
楽しそうに走っています。



neckring6.jpg



そして、



歩幅のスライドがとても広くなり
きれい~と思わず声を出してしまいました。




neckring5.jpg



乗り手は



neckring3.jpg




「馬が力を抜いている感じが伝わってくる!」
「身体が柔らかくなった感じがします」と
感想を話してくださいました。



neckring4.jpg



みている私達は、馬の表情も走り方も、
4肢の運びも~その変化が嬉しく。。。



また、その変化の様子、しっかりと乗り手にも伝わっていたのが
うれしいですね。



人馬一体とはこのことかもしれません。
乗り手も笑顔になっていました
ネックリングやみつきになりそうですね。。



今年も馬のワークショップを通してたくさんのことに気づき、また
学ばせていただきました。



リピーターの方や新たに参加された方々と
年々、参加者者同士顔みしりが増え、
仲良くなっていくのも魅力の1つ。
Tタッチの輪が広がっていきます。



そしてなんといってもデビー先生の



「常にTタッチの理念に基づいて、動物たちと参加者さんを信じて、
双方を受け入れながら教えていく」



今回はすごくその部分をみせていただきました。

お側で教えていただける幸せに感謝です。



Welcome Partyのデビー先生
debby sensei




素敵でした
【2015/08/03 16:41 】 | Tタッチ | page top↑
| ホーム |